ワインショップおたご屋は世界最南端のワイン生産地、ニュージーランドのオタゴ地方のワインを中心に扱うワインショップです。
ショッピングカートを見る
商品検索

ショップブログ

おたおたブログ(Shop Blog)

おたご屋へようこそ。
おたご屋の店長&ブログ担当
ケニーです。
NZやオタゴワイン、ショップのこと、
たまに私事を書いています。
ワイナリーの紹介
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
サムハロップセダリオン シングルヴィンヤード・シラー・ブロック31・イーストエンド・ワイヘキ 2014

SAM HARROP WINE
CEDARION 
セダリオン シングルヴィンヤード・シラー・ブロック31・イーストエンド・ワイヘキ 2014
Single Vineyard Syrah "Block 31" Eastern End Waiheke Island 2014






サム・ハロップとは?

日本人ではまだ2名しかいないワインの最難関資格
マスター・オブ・ワイン(MW)

そのマスター・オブ。ワインに2003年に
最年少で合格したサム・ハロップ氏。

スペインのボデガス・フォンタナ、ポルトガルのファルーア、
ニュージーランドのワイヘケ島のテ・モトゥなど
世界各地のワイナリーのコンサルタントを務める一方で、
ロンドンで開かれる世界最大のワインコンテスト、
インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)に日本酒部門を創設、
ワイン審査部門の責任者を務めるなど多岐にわたり活躍。

英国のドリンクス・ビジネスが、2013年に最も影響力のある
ワインコンサルタント10人の1人に選ばれた彼。


ワイン界に大きな影響を与えるそんな彼が2013年1月、
家族を連れてロンドンから母国ニュージーランドに帰国し
自らのワイン「サム・ハロップ」の生産を始めました。

生産本数は各2000本を切るマイクロ・キュヴェ(少量生産)のワインを
2013年に初ヴィンテージとしてリリース。

畑のあるワイヘケ島ははオークランドの東にある島で
高級ワイン産地としても名高くリゾート地としても人気がある
エリアです。





店長のコメント


日本人はまだ2人しかいない(日本在住の日本人は1人。)
ワインの最難関資格マスター オブ ワイン(MW)。
その資格を世界最年少でMWを取得したサム・ハロップ氏。

そんな彼が家族と母国ニュージーランドに戻り
自らの哲学に則り、自らの手が届くだけの
自身が造りたいワインを造ると
一体どのようなワインが生まれるのか?

それが気になり、販売を開始したワインです。

ワイナリーがあるワイへケ島は
ニュージーランドでは珍しく
1万円オーバーのワインも当たり前に生産されている
ニュージーランドでも高級ワインの産地。

彼のキャリア、丁寧な少量生産、
産地のポテンシャルから考えて、
彼のワインがまだ1万円を切る値段なのは
非常に良心的、お買い得なワインです。


ギリシャ神話で目が見えなくなったオリオンを
太陽神ヘリオスのもとへ導いたガイドであるセダリオン。
ヘリオスによってオリオンの目は再び見えるようになります。

このワインにはヘリオンやオリオンの名前ではなく
セダリオンの名前をつけています。

あくまで僕の想像ですが
世界的に活躍する彼がこのワインを造ることによって
さらなる成長へと導いてくれる。
そんなガイドのような存在であってほしい。

利益度外視、むしろ自分自身のために造るワイン。
そんな想いがあるのでは。
と勝手に解釈しています。


もし、いつかお会いする機会があれば
この名前を付けた由来を尋ねてみたいものです。
興味がある方はぜひこの機会に。




テイスティングノート

2014年のヴィンテージはブルーベリーのような青い果実のニュアンス、
カシス、ダークチェリーのような赤い果実、セイボリー、力強さ、
そしてホワイトペッパーのニュアンスの素晴らしいバランス。
ワインはエレガンスさとフィネスさを尊重した質感に仕上っています。
果実の個性のエレガンスさとのバランスのために一部新樽を含む樽を用いました。






2014年ヴィンテージについて

シラーはワイヘケ島東端の険しい段々畑で1ヘクタールからなるブロック31。
シャーヴ・クローンとエルミタージュ・クローンを栽培しています。
樹齢は14年。

粘土主体の土壌が酸とタンニンの骨組みをもたらしています。
シャーヴ52%、エルミタージュ48%の割合でブレンドしました。

ヘクタール当たり収量は40ヘクトリットル。

サム曰く
「シャーヴは果皮が厚くて、房が大きい。スパイシーで、
ペッパリー。フェノール、質感、複雑さに優れる。
エルミタージュ・クローンはコート・ロティ寄りの畑で生まれた。
フィネスがあり、エレガント。
私の好みはエルミタージュ・クローン」。

4月7日から19日の間に3度に分けて手摘みによる収穫。
全体の80%になる粒選りした葡萄を優しく圧搾、20%は全房で。

4日間低温にて保管し、シャーヴ・クローンにはD254酵母、
エルミタージュ・クローンにはクロといった異なる酵母を使用。

26から28度で醗酵させ、1日に2度の手作業による醸しから
バランスの良いタンニンの抽出を促す。

3種のバッチに分けられた果汁のうち2種でマロラクティック醗酵を行う。
果皮に漬した果汁は3週間20℃で醗酵。

瓶詰めされるまで14か月樽熟成、また澱引きもしない。

最終的なブレンドはャーヴ・クローンが52%と
エルミタージュ・クローン48%になる。
果実が持つ個性のバランスを整えるため
22.5%の新樽と3年から5年の古樽を使用。

・ 型番
101312769
・ 販売価格

9,072円(税込)

・ 在庫数
ただ今在庫切れです。数日で取り寄せが可能な商品もございます。お気軽にお問い合わせくだい。