ワインショップおたご屋は世界最南端のワイン生産地、ニュージーランドのオタゴ地方のワインを中心に扱うワインショップです。
ショッピングカートを見る
商品検索

ショップブログ

おたおたブログ(Shop Blog)

おたご屋へようこそ。
おたご屋の店長&ブログ担当
ケニーです。
NZやオタゴワイン、ショップのこと、
たまに私事を書いています。
ワイナリーの紹介
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
マヒ・ワード・ファーム・マールボロ・ピノノワール
Mahi Ward Farm Marlborough Pinot Noir
マヒ・ワード・ファーム・マールボロ・ピノノワール

商品名 ワード・ファーム・マールボロ・ピノノワール(Ward Farm Marlborough Pinot Noir )
ワイナリー名 マヒ(Mahi)
州 ニュージーランド(New Zealand)
産地 マールボロ地区(Marlborough )
色 赤
スタイル
手積みの葡萄を圧搾後、仏オーク(10%新樽)で澱引きせず醗酵、15ヶ月熟成。エレガントなハーブが果実味と調和 。

容量 750ml
アルコール度数 13.5%
ぶどう品種 ピノノワール

ワインは単一畑「ワード」から生み出され「パム&ポリィ・フランシス」夫妻によって管理されています。マールボロの南端に逸するアペラシオン、海に近く、畑は沖合からやってくる南寄りの冷涼な空気というメリットを得ます。この冷涼なコンディションがしっかりとしたフレーバーをアシストし葡萄の木々が充分に果熟したうえで低収量で収穫されていることが求められます。ワインは3種類のクローンからなるピノノワールで造られ、お身にディジョンクローン「115」「777」です。この両者クローンは割と新しいディジョンクローンからきており非常に深い味わいをもたらします。豊かなブラックフルーツの個性と同時に綺麗な構造も。それとまた少し「スイス・クローン10/5」が植えられており、美しいドライハーブが記されブレンドすることで複雑な層を加える様相を見せます。ワイナリーに運ばれた葡萄は除梗し小分けした組ごとに発行前に低温で浸され、柔らかなタンニンの抽出効果と果汁の色づきを高め、醗酵後やアルコール感のある過程でのえぐみを抑えます。葡萄はそれぞれ土着する酵母で醗酵します。醗酵中果皮と果汁は平均1日に3度手作業による醸しが行われます。醗酵が終わるとそのままフレンチオークへ移り15か月過ごします。一度木樽から取り上げられたワインはオーガニック卵白にて清澄し瓶詰めされます。
香ばしいガーデンハーブの風合いと鼻先にレッドチェリーが混ざり合います。口に広がる綺麗なタンニンが円熟感、口中に広がる豊かな果実感を補っています。




ヨーロッパの旅でワイン作りに目覚め、トカイ、イタリア、ボルドーでの経験の後、チリのエラスリスで醸造責任者として野生酵母の醸造による基礎を築く。マールボロではセレシン・エステートを名声あるワイナリー確立し独立。現在ビオデナミと野生酵母の第一人者で情熱家、ブライアン・ビックネル。


ワインメーカーのブライアン・ビックネル氏(ワインメーカー・オーナー)は15ヴィンテージを世界の様々なワイン産地で携わり、中でも一番多くの時間をマールボロの葡萄を使用したワイン醸造をしてきました。1989年にメドックのワイナリーChateau Senejacでワイン作りの経験を積み、1993年にハンガリーのNagyrede Wineryにて就労、1992〜1994年はバビッチ・ワイン(NZ)でアシスタント・ワインメーカーとして経験を積み、1994〜1996年にはチリのエラスリスでチーフワインメーカーとして英国への輸出量をチリワインで1番に押し上げます。1996〜2006年まではセレシン・エステートでワインメーカー兼ジェネラルマネージャーとして40000ケースを生産するワイナリーにまで仕立て、2006年には完全に他社での仕事は退き自身のワイン作りの為だけに時間を費やすこととなります。これらの経験の中でブライアンは世界市場でニュージーランドの中でもマールボロ地区のワインで区画によるワインの個性・テロワールをワインで表現することに注力する決意を持ちます。これは、1996年にマールボロに移り住むためにチリから戻ってきた頃、マールボロにある多様な地域や山間がかなり異なるスタイルのワインを作ることができると感じたのです。



「Mahi・マヒ」とは「作品」「手工芸品」といったような意味するマオリ語であり、ラベルに見られる植物のシンボルはニュージーランド原産の「シダ」が描かれています。「強さ」、「人生」そして「成長」を表しています。また「ワインはボトルに急いで詰められるべきものではないということ、時間と共に自然と発展するものである」という能力を尊重しています。彼の目的とするワインスタイルは、「ワインが手をかけられず作られている状態」。ブドウ畑はワインを通して話しているということを許し、これを目的とするワイン作り。全てのワインにとって最も重要視される事は果実味爆弾のようなスタイルよりむしろ、本当に口中に満足感を与えるワインとなる質感やバランスであると。「シングル・ヴィンヤード」のワインに使う葡萄は手積みによる収穫、選定、ぶどうは優先的にワイナリーで全房ごと圧搾されます。これは葡萄が房としての状態で軽くプレスされることで茎がクッションとなり、より自然に搾汁できるからです。醗酵は葡萄に付着しているその土地にある酵母のみを使用します。





・ 型番
122878489
・ 販売価格

6,050円(税込)

・ 購入数