ワインショップおたご屋は世界最南端のワイン生産地、ニュージーランドのオタゴ地方のワインを中心に扱うワインショップです。
ショッピングカートを見る
商品検索

ショップブログ

おたおたブログ(Shop Blog)

おたご屋へようこそ。
おたご屋の店長&ブログ担当
ケニーです。
NZやオタゴワイン、ショップのこと、
たまに私事を書いています。
ワイナリーの紹介
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
レヴァレット エステート・レンジ ゲヴィルツトラミネール Leveret Estate Range Gewurztraminer
Leveret Estate Range Gewurztraminer
レヴァレット エステート・レンジ ゲヴィルツトラミネール


■タイプ:白( スティル)  
■アルコール度数:13.5%  
■残糖度:11.2g/L  
■残Sulfite 値:129mg/L
■品種:ゲヴィルツトラミネール100%

香り  :ローズウォーター、ライチ、金木犀、白桃

花束のような香りに包まれるワイン。
香り高く、味わい深い。甘さも感じるため、酸味が苦手な人にお薦めしたいワイン。
飲茶料理、ベトナム料理、ワンタンスープといったアジア系の料理と合わせるのがおすすめ。

【ワインづくり】
収穫後に果実を軽くだけ破砕して圧搾。その後数時間のマセレーション。ステンレスタンクによる培養酵母(VL1)をもちいたアルコール発酵。常に11℃に保たれ、ゆっくりと発酵を実施。澱引き、濾過、瓶詰。

【テイスティング】
クラッシックなゲヴィルツトラミネールの香り。ローズウォーターとライチー、微かなシナモン。ターキッシュディライト(別名ロクム/クルミ、ピスタチオ、アーモンド、ココナッツなどと砂糖を加えたトルコのお菓子)とシナモン、ナツメグのフレーヴァー。セラリングポテンシャルは長く、ヴィンテージ+3年ごろから飲み頃を迎える。


ニュージーランド最古のワイン産地であるホークス・ベイと、ニュージーランド最大のワイン産地であるマールボロに合計15 のワイナリー・ブランドを持つThe Wine Portfolio/ ザ・ワイン・ポートフォリオの歴史は比較的に新しくファースト・ヴィンテージは1978年であった。

Leveret Estate/ レヴァレット・エステートはその中でもオーナーの愛着が強いワイナリー。Leveret/ レヴァレットは英語で、「仔ウサギ」の意。そして、The Wine Portfolio の創設者、John Coney/ ジョン・コニー氏(現在もオーナー)のConey は英語の俗語で「アナウサギ」という意味。“ うさぎ” はThe Wine Portfolio を象徴するもので間違いないそうだ。


Leveret のロゴにも深い意味がある。これは三匹の仔うさぎがあり、その耳がつながって三角形をつくっているが、葡萄畑( 全て自社保有の葡萄畑) →ワインの製造→販売流通までを全て一貫して行い、エコシステムを形成するという意志のあらわれ。更に2000 年代に入り、NZ サステイナブル・ワインメーキングの認証を得ているが、畑に羊を放し飼いし、葡萄畑の区画
と区画の間の草を食べさせることで、草を機会で刈る作業や、それによる CO2 排出を抑えている。


醸造家:

ポール・ドウィック(Paul Dawick)

カム・デューク(Cam Duke)

ルーク・ミラー(Luke Miller)

Leveret Edtate の醸造家は3 人?Paul Dawick/ ポール・ドウィック、Cam Duke/ カム・デューク、Luke Miller/ ルーク・ミラー?おり、各々製造工程を担当してチームでワインづくりを行っている。

・ 販売価格

3,080円(税込)

・ 購入数