ワインショップおたご屋は世界最南端のワイン生産地、ニュージーランドのオタゴ地方のワインを中心に扱うワインショップです。
ショッピングカートを見る
商品検索

ショップブログ

おたおたブログ(Shop Blog)

おたご屋へようこそ。
おたご屋の店長&ブログ担当
ケニーです。
NZやオタゴワイン、ショップのこと、
たまに私事を書いています。
ワイナリーの紹介
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
ミーシャズ ヴィンヤード ”ザ・ギャラリー”ゲヴェルツトラミネール 2014

ミーシャズ ヴィンヤード “ザ・ギャラリー”
ゲヴェルツトラミネール2014
Misha’s VINEYARD “THE GALLERY”
GEWURZTRAMINER 2014



味わい



「ゲヴェルツ」というのはドイツ語でスパイスという意味。
その名のとおりゲヴェルツトラミネール種特有の
ローズ、ライチ、グアバ、スイカ、スイカズラ、
その中に表情豊かな花の香り、繊細なスパイスの香り。
繊細さと複雑さをあわせ持つ
素晴らしいバランスを持つワインです。

ゲヴェルツトラミネールは超甘口から辛口まで
さまざまなワインが仕上げられますが
ミーシャズヴィンヤードの2014年のものは
料理に合わせやすい残糖度13g/l のオフドライ(中辛と辛口の間)
に仕上げてあります。
スパイシーさと華やかさを併せ持つこのワインは
女性に大人気です。




店長のコメント

当店はこのワインを2009のヴィンテージから取り扱っております。
僕はこの畑で働き、栽培、収穫をしていました。
ミーシャズヴィンヤードの白ワイン用の葡萄は
ミーシャズヴィンヤードの敷地内で白ワイン用品種に適した部分でしか
栽培されていないので栽培面積は非常に少なくとても希少なワインです。

僕が飲んで見た感想ですが

栽培量が非常に少ないため
毎年の味の個性の変化が大きく
毎年の個性を楽しむのも面白いワインです。
このワインも258ケースしか生産されていません。
そのうちの数十ケースしか日本に入ってこないので
貴重なワインです。

この品種、フランスのアルザス地方のものが有名ですが
まだ日本では知名度の低い品種です。
華やかなのにスパイシー、花やライチのような香りなのに
ショウガや胡椒のようなスパイシーな後味という個性的なワイン。
NZのものも高品質でNZに来たワインが好きな女性たちに
人気があったワインです。

ワインメーカーもこのワイナリーのこのブドウ品種の毎年の品質の高さを
絶賛しています。




名前の由来(店長のコメント)

オーナーのミーシャは自分たちのワインに
劇場に由来する
ユーモア溢れる名前を付けています。

ゲヴュルツトラミネールにはギャラリー(劇場の最上部にある席、ギャラリー席から。)

このワイナリーで一番最後に植えられた品種
ソーヴィニヨンブランを世界に通用する国際級の若手女優と例え、
商品名をスターレット(新進女優)と名づけました。

ちなみに
ピノ・ノワールにはハイ・ノートという名がつけられています。
これは劇場の主役、高音域を歌う華やかなオペラ歌手。
高い格調、品格を持つワイン、という思いを込めた名前です。

ワイナリーの真ん中にあり、見晴らしのいい畑に植えられているピノ・グリには
ドレスサークル(劇場の見晴らしのいい席)

畑の石灰地層のミネラル風味を感じるリースリングには
ライムライト
(ワインのライム風味とライム(石灰)、個人的な深読みをすると
ライムライトには劇場の照明という意味もあります。
つまり、ミーシャズヴィンヤードのワインは
ピノ・ノワールが華やかな歌手、
他のワインが観客席に座るお客様、
新鋭の歌手、彩る照明と、
全てがミーシャズ劇場を盛り上げる。

と、ミーシャの遊び心溢れる名前が付けられているのです。

可愛らしいと人気のラベルや
キャップなどのデザインも実は
一つ一つ意味やストーリー、
思いが込められています。

そんなミーシャたちの思いが詰まった素敵なワイン。
遊び心だけでなく品質も非常に高いにもかかわらず
日本での知名度、評価の低さに驚いています。
僕は日本でもっと評価されるべきワイナリーの
ひとつだと思っています。
ぜひミーシャのワインを楽しんでください。




Food Match

ゲヴュルツトラミネールはスパイシーな食事との相性がとてもよく、
(タイ料理、メキシコ料理)、ドイツ風カツレツ、ソーセージ、
また風味の強いチーズ、野生の鳥獣類、ジビエ料理、フォアグラ、
スモークサーモンとの相性もいいです。
個人的には酸味が穏やかなため意外と和食との相性も良く
お寿司やカレーとの相性が意外に面白いワインです。




Details

Details
Region Central Otago, New Zealand Vineyard Estate-grown, single vineyard
Production 258 cases
Variety/Clones 456
Planting 2005, Altitude: 288 - 313m
Harvested 8 April 2014
Harvest Analysis
Brix: 24.4 / pH: 3.44 / TA: 4.9 g
l Bottled 18 November 2014 (Stelvin closure)
Wine Analysis Alc: 14% / pH: 3.45 / TA: 4.5 g/l
Cellaring 1-6+ years
Residual Sugar 13 g/l Style Off-Dry



Winemaking

ゲヴュルツトラミネールの滑らかさ、
個性的な香りの両方をうまく表現するために
ステンレスタンクと樽熟成を組みあわせました。
25%はブドウ果実自体に含まれた酵素を古樽を用いた発酵、
残りは培養酵母を用い、ステンレス樽での冷却発酵を用いました。

・ 型番
49601072
・ 販売価格

2,722円(税込)

・ 在庫数
ただ今在庫切れです。数日で取り寄せが可能な商品もございます。お気軽にお問い合わせくだい。