ワインショップおたご屋は世界最南端のワイン生産地、ニュージーランドのオタゴ地方のワインを中心に扱うワインショップです。
ショッピングカートを見る
商品検索

ショップブログ

おたおたブログ(Shop Blog)

おたご屋へようこそ。
おたご屋の店長&ブログ担当
ケニーです。
NZやオタゴワイン、ショップのこと、
たまに私事を書いています。
ワイナリーの紹介
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom

お知らせ

■2014.08.25
お得な送料、間もなく終了します。


・現在、試験的に行っている
チルド便込、全国一律(離島を除く)の送料600円を
8月31日までとさせていただきます。

9月1日からはチルド便代は別途いただきます。
チルド便で配送を希望されます方は
8月中のご注文がお得ですよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.08.01
再入荷しました!
・【お一人様1本限り】KIMURA CELLARS  キムラ セラーズ マールボロ・ピノノワール2013

輸入元のご厚意により無理だと思っていた再入荷決定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.07.27
新発売!
・【7月後半・8月のオススメ】
夏を楽しく乗り切ろう!!
ニュージーランド ソーヴィニヨン・ブラン

送料試験的値下げのお知らせ
・本日から試験的にチルド便込の送料を600円に
値下げいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.07.12
完売しました
・【お一人様1本限り】KIMURA CELLARS  キムラ セラーズ マールボロ・ピノノワール2013

ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.07.05
完売しました
・ぺレグリン ピノ・グリ 2011
・ぺレグリン ソーヴィニヨン・ブラン2011
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.07.01
新商品です
・【お一人様一本限り】KIMURA CELLARS キムラ セラーズ マールボロ・ピノノワール2013  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.06.25
新商品です
・ハチミツの国 ニュージーランドの
 オーガニック ヴィンテージ ハニー 
 J.FRIEND and Co / New Zealand Artisan Honey Wild Thyme
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.06.08
再入荷しました
・Stoke Amber (ストーク アンバー) 330ml
・モフア ピノ・ノワール 2010

新商品です
・【数量限定】ペレグリン カレアレア ピノ・ノワール2009
・【6月のオススメ】品のあるワインを造るミーシャズヴィンヤード 4種の白ワインセット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.06.05
新商品
ミルトン クレイジーバイネイチャー ライフリント シュナン・ブラン2012

人気商品
セントクレア マルボロ・ソーヴィニヨンブラン2012
アカルア ルア ピノ・ノワール2013 Rua Pinot Noir 2013
念願の再入荷です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2014.6.1
チルド便代無料サービス開始

通常、チルド便に200円の代金をいただいておりますが
夏季の気温によるダメージから輸送中のワインを守るため
本日6月1日からワイン以外の商品のみの場合を除く
全ての配送を(8月末までを予定) チルド便で送ります。

この時期はチルド便代込みの送料がなんと全国一律800600円。
(10000円以上お買い上げの場合は無料)


チルド便をご希望で無いお客様は
注文時にご連絡ください。

暑い夏もワインを楽しみましょう!!
夏もワインショップおたご屋を
どうぞよろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以前お買い物をされたお客さまで
マイアカウントのログインパスワードを
忘れてしまった場合。

「マイアカウント 」へのログインパスワードは、
画面右上の「 マイアカウント 」内
【 パスワードを忘れた方はこちら 】から再設定できます。
一度お試し下さいませ。


今までのお知らせはこちらから
 新着商品・再入荷商品です 



 最近好評の売れ筋商品です。〜お買い上げいただきありがとうございます。〜




南半球のニュージーランドにある
オタゴ地方をご存知でしょうか?
このエリアはセントラル・オタゴエリアをはじめ
世界中のワイン愛好家が注目する
世界最南端のワイン産地。

これからさらにに面白くなっていく
オタゴワインの魅力と情報をお届けし、
あなたにオタゴワインを楽しんでいただきたい。

それが私達の願いです。